TOPページ > 外国語ラベルをつくる

ご利用案内

外国語ラベルをつくる

1.文例を検索する

A フリーワードから検索する
文例に含まれている語句、文例が属しているカテゴリなどから、
文例を検索します。
複数の単語を入れる場合、空白(スペース)で区切って検索します。
B カテゴリから検索する
文例が属しているカテゴリから文例を検索します。

↑ページトップへ

2.文例の選択

作成したい文例の「ラベル作成」ボタンをクリックします。

↑ページトップへ

3.文例の編集

ポップアップされる編集画面で文章・絵記号を編集します。

A 文例テキストエリア
文例(日本語・英語・中国語・韓国語)が表示されます。
B 文例追加ボタン
選択した文例をレイアウトエリアに追加します。
C 文字サイズ選択
文字のサイズを選択します。
D 太字
太字にします。
E フォント選択
フォントを選択します。
F 絵記号エリア
文例に関連する絵記号が表示されます。
+ボタンでレイアウトエリアに追加します。
「他の絵記号から選ぶ」ボタンで、
お好みの絵記号を追加することができます。
G 操作案内メッセージ
操作案内メッセージが表示されます。
H テープ幅
テープイメージ幅を設定します。
I 整列
各言語の文章を整列することができます。
J 保存ボタンと呼び出しボタン
保存ボタンで好きなラベル情報を保存し、呼び出しボタンで保存したラベル情報を入力欄に反映することができます。
K 印刷ボタン
ラベルを印刷します。
L レイアウトエリア
ドラッグして自由にレイアウトできます。
50mm・100mmのテープ幅を選択した場合は、レイアウトエリアの表示倍率を25%・50%・100%から選べます。

↑ページトップへ

4.プリンタドライバの選択と設定

A 編集画面の「印刷」ボタンを押すと表示される画面のプリンタからお使いの「テプラ」のプリンタドライバを選択し「詳細設定」ボタンを押します。
B テープ幅を選んで「テープ幅取得」をクリックします。
C 「印刷設定」の「用紙」タブにおける用紙の向きを「横」に設定してOKボタンを押します。

↑ページトップへ

5.印刷の完了

編集されたテープが「テプラ」から印刷されます。

↑ページトップへ

6.ラベルデータの保存と呼び出し

作成したラベルデータを保存し、あとで呼び出すことが可能です。
※保存したラベルデータは、保存したPC以外で利用することはできませんのでご注意ください。
※OSのアップグレードなどにより、ラベルデータが削除される場合がありますのでご了承ください。

A ラベルデータの保存
1. 作成したラベルデータを保存する場合は文例編集画面の「保存」ボタンをクリックします。

2. ラベルデータが保存リストに文例名(テキストデータ)で追加されます。
※ラベルデータは最大50件まで保存可能です。
※入力データの内容によっては最大件数を保存できないことがあります。

B ラベルデータの呼び出し
1. 保存したラベルデータを呼び出す場合は「作成保存のラベルデータを呼び出す」ボタンをクリックします。

2. 保存リストから呼び出したいラベルデータをチェックし、「呼び出し」ボタンをクリックします。

↑ページトップへ

動画で見る

ご利用案内